ツイッターの「ブロ解」ってなに?「リムる」との違いや使う場面を説明

ツイッターで「ブロ解」「リムる」という言葉を聞くことがあります。

「ブロ解?」「リムる?」

最初に聞いたときは、意味が分かりませんでした。

「ブロ解」や「リムる」ことは誰でも簡単にできます。

しかし「ブロ解」や「リムる」ことで、場合によってはトラブルになる可能性もあるのです。

両者の違いや使うべき場面をしっかり把握して、使い方を間違えないようにしましょう。

この記事を読んで分かること
  • 「ブロ解」と「リムる」の違い
  • ブロ解を使ったほうがいい場合
妻クラゲ

変な絡み方をしてくる人は即ブロック!

クラゲ

そういう使い方もあるよね

目次

「ブロ解」とは?

「ブロ解」とは、相手をブロックして、すぐにブロック解除をすることです。

ブロックしたままだと、相手にブロックしていることが表示でバレてしまいます。

しかし、ブロ解だとブロックしたことは相手に表示されません(ブロックしたが解除しているため)。

「リムる」との違いは?

「リムる」とは、フォローしている人をフォローから外すことです。

自分がフォローしている人をフォローから外すだけなので、

相手が自分のことをフォローしている場合は、そのまま相手からフォローされた状態が続きます。

「ブロ解」と「リムる」の違いは、相手のフォローを解除できるかどうかです。

「ブロ解」を使う場面

ブロ解を使う場面は次のような場合です。

  • 相互フォローを解除したい
  • 相手からのフォローを外したい
  • 相手からDMが来ないようにしたい

相互フォローを解除したい

相互フォローしている相手を解除したい場合には、ブロ解が有効です。

相互フォロー中の相手をリムった場合は、自分はフォローしていないのに相手はフォローしている状態になってしまいます。

言うならば、片思いの状態です。

ツイッターをしている人のなかには、リムられることに大きな嫌悪感を感じる人もいます。

「リムるくらいならブロ解してください」とプロフィールに書いてあるのを見た経験はないでしょうか?

相互フォローの相手に対して、なんらかの理由でフォローを外したい場合は、ブロ解するほうが無難です。

相手からのフォローを外したい

ツイッターでは、誰でも好きな人をフォローすることができます。

しかし「この人からフォローされているのは嫌だけど、ブロックするとバレてめんどくさそう」という場合に、ブロ解が有効です。

相手からのフォローを自分から外すことができるのは、ブロックだけです。

しかし、ブロックしていることは相手に表示されてしまいます。

人によっては「この人にブロックされた」とブロック画像をさらす人もいます。

場合によっては、ブロックした相手とトラブルになる可能性もあるのです。

「ブロックし続けたいわけじゃないけど、フォローされるのは嫌」という場合は、ブロ解をしましょう。

相手からDMが来ないようにしたい 

DMの設定で「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオフにすれば、フォローしていないアカウントからはDMが送られない設定にできます。

しかし、過去にDMのやり取りがあった場合は、フォローしていないアカウントでもDMが送れてしまうのです。

このような場合には、ブロ解が有効です。

「過去にDMのやり取りがあった人(現在は相互フォローなし)から、DMを受けたくない」という場合には、

ブロ解しておくことで相手からDMが送れないようにしましょう。

ブロ解された後はDMが送れなくなりました。

DMの設定で「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオンにする必要があります。

DMの設定手順

メニューから「設定とプライバシー」をタップします。

「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオフにします。

フォローしていないアカウントからはメールが送れなくなりました。

まとめ

ブロ解についてお話ししてきました。

「リムるくらいならブロ解してください」というのは、ツイッターならではの文化だと思います。

そして、ブロックされることに対して過剰に反応する人が多いのも、ツイッターの特徴です。

一方的にリムられたり、ブロックされたことで大騒ぎしている人を何度か見たことがあります。

相互フォローの相手を解除する場合は、リムるよりもブロ解するほうがトラブルになりにくいです。

それでも、ブロ解したことが分かれば嫌悪感を感じる人もいます。

相手に嫌悪感を感じさせないためには「ミュート」してタイムラインに表示させないという方法もあります。

状況によって「ブロ解」「リムる」「ミュート」を上手に使い分けましょう。

ブロ解とかリムるとか話してきましたが、ツイッターは楽しく平和に使いたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる