タッチタイピングの簡単な覚え方【ブログを書くスピードを上げよう】

ブログを書いていると、タイピングスピードが遅いと感じることがあります。

タイピングスピードを上げるためには、タッチタイピングを覚えましょう。

タッチタイピングとは、キーボードを見ないでタイピングをすることです。

タッチタイピングができると、ブログ完成までのスピードが大幅に変わってきます。

今回は、タッチタイピングの簡単な覚え方についてお話しします。

※ローマ字入力の覚え方です。

この記事で分かること
  • タッチタイピングの覚え方
  • ホームポジションとは?
  • それぞれの指が打つキーの範囲とは?
  • タッチタイピングの練習方法
クラゲ

妻クラゲはどうやってキーボード打ってるの?

妻クラゲ

人差し指で打つ

目次

タッチタイピングの簡単な覚え方

タッチタイピングには、覚えやすい手順があります。

  1. 指の位置を覚える(ホームポジション)
  2. 指を動かす範囲を覚える
  3. キーの位置を覚える
  4. 実際に文字を打つ

この手順で覚えていくのが簡単です。

指の位置を覚える(ホームポジション)

ホームポジションとは、キーボードを打ちやすい指の位置のことです。

決まった位置に指を置くことで、キーボードを正確に素早く打てます。

タッチタイピングでは、ホームポジションに指を置くことが最も重要なので、ホームポジションを必ず覚えましょう。

キーボードをよく見ると、JとFのキーに小さな出っ張りがあります。

タッチタイピング

この小さな出っ張りが、人差し指を置く位置です。

出っ張りがあるので、キーボードを見なくてもホームポジションに指を置けます。

タッチタイピング
  • JとF ⇒ 人差し指
  • KとD ⇒ 中指
  • LとS ⇒ 薬指
  • +とA ⇒ 小指
  • SPACE ⇒ 親指

このキーが、基本的な指の位置です。

文字を打ち終わったら、ホームポジションに指が来るように意識しましょう。

ホームポジションに指を置く癖がつくと、キーボードを見なくてもタイピングできます。

それぞれの指の守備範囲を覚える

それぞれの指には、打つべきキーの守備範囲が決まっています。

指ごとの守備範囲を覚えることで、効率よくタイピングできます。

タッチタイピング

ホームポジションの上下が基本的な守備範囲だと覚えておきましょう。

人差し指と小指は少しだけ守備範囲が広いです。

あいうえおを覚える

まずは母音の「あいうえお」を覚えましょう。

母音は一番打つ機会が多いキーです。

キーを打つときに注意するのは「キーボードを見ないこと」です。

いちいちキーボードを見てしまうと、タイピングのスピードが上がりません。

最初は難しいですが、ホームポジションを意識して、キーボードを見ないでタイピングするようにしましょう。

かきくけこ~わをんを覚える

母音を覚えたら、次は「かきくけこ~わをん」を覚えましょう。

子音の位置は母音よりも多いので大変ですが、少しずつ覚えていけばオッケーです。

「kakikukekosasisuseso」と順番にタイピングしていき、子音の位置を覚えていきます。

子音は数が多いので、最初はキーボードを見ながらタイピングします。

覚えてきたら、少しずつキーボードを見ないでタイピングしましょう。

濁音、半濁音を覚える

「あいうえお~わをん」までを覚えたら、濁音と半濁音を覚えましょう。

濁音
  • が行 ⇒ G+母音
  • ざ行 ⇒ Z+母音
  • だ行 ⇒ D+母音
  • ば行 ⇒ B+母音
半濁音
  • ぱ行 ⇒ P+母音

特殊な文字を覚える

濁音、半濁音を覚えたら、特殊な文字を覚えましょう。

特殊な文字とは「ふぃ」のように小さな母音が含まれる文字です。

小さな母音はL+母音でも入力できます。

しかし「ふぃ」と入力するのに「FULI」だと、打つキーが多くなります。

そこで「FI」と打つことで、打つキーを少なくできます。

特殊な文字
  • きゃ行 ⇒ KY+母音
  • くぁ行 ⇒ Q+母音
  • ぎゃ行 ⇒ GY+母音
  • ぐぁ行 ⇒ GW+母音
  • しゃ行 ⇒ SY+母音
  • すぁ行 ⇒ SW+母音
  • じゃ行 ⇒ J+母音
  • ちゃ行 ⇒ TY+母音
  • てゃ行 ⇒ TH+母音
  • とぁ行 ⇒ TW+母音
  • ぢゃ行 ⇒ DY+母音
  • でゃ行 ⇒ DH+母音
  • どぁ行 ⇒ DW+母音
  • にゃ行 ⇒ NY+母音
  • ひゃ行 ⇒ HY+母音
  • ふぁ行 ⇒ F+母音
  • びゃ行 ⇒ BY+母音
  • ぴゃ行 ⇒ PY+母音
  • みゃ行 ⇒ MY+母音
  • りゃ行 ⇒ RY+母音
  • うぁ行 ⇒ WH+母音

覚えるのが大変な場合は、L+母音で対応しましょう。

「っ」は、次の文字の子音を2回続けて打つことで入力できます。

たとえば「コップ」と入力したい場合は「プ」の子音である「p」を2回続けて「koppu」と打ちます。

タイピングサイトで練習する

文字の打ち方を覚えたら、実際にタイピングの練習しましょう。

タイピングサイトは、無料でタイピングの練習ができるサイトがたくさんあります。

タイピングの早さだけでなく正確さも求められるので、練習にピッタリです。

自分の好きなタイピングサイトを見つけましょう。

myTypingは、タイピング診断や歌詞タイピングなどがあり、楽しく練習できるサイトです。

桃太郎たいぴんぐは、ゲーム感覚でタイピングが練習できるサイトです。

タイピングサイトはスコアや評価が出るので、成長を実感しやすいというメリットがあります。

遊び感覚で気軽にタイピングの練習をしましょう。

ためしにやってみました。

「けっこう速い」でした。

まだまだ修行が必要ですね。

早い人は、打鍵/秒が10以上です。

早すぎて指の残像が見えてると思います。

まとめ

タッチタイピングの簡単な覚え方についてお話ししました。

  • ホームポジションを覚える
  • 文字を打ったらホームポジションに戻る
  • それぞれの指には守備範囲がある
  • タイピングサイトで遊び感覚で練習する

タッチタイピングができると、タイピングのスピードが上がります。

タイピングのスピードが上がれば、同じ時間でも多くの文字を入力でき、作業効率が上がります。

ブログを書くうえで、タイピングスピードは大切です。

タッチタイピングをマスターして、ブログを書く時間を短縮しましょう。

今日はここまで!おつクラゲ~(:]ミ (:]彡

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる