冬は白湯であったか&デトックス【白湯とお湯の違いって?】

こんにちは、美意識高い系クラゲです。

突然ですが冬の飲み物ってなにを飲んでいますか?

紅茶?コーヒー?

クラゲも以前はコーヒー派でした。

しかも砂糖と牛乳たっぷりのカフェオレ。

正直、糖分の摂りすぎで健康に悪い・・・

そこで、健康を考えて、数年前から冬は白湯を飲んでいます。

今回は白湯についてお話しします。

この記事で分かること
  • 白湯ってなに?
  • 白湯の作り方
  • 白湯のメリットとは?
クラゲ

白湯飲んでるんだ

妻クラゲ

モデルさんですか?

目次

白湯とは?

白湯とは、10分ほど沸騰させ続けた水のことです。

水道水には塩素などの不純物が含まれています。

健康に影響が出ない量ですが、水道水がカルキ臭かったり嫌な味がすると飲みたくないですよね。

水道水を沸騰させることで、不純物やカルキ臭が取り除かれて美味しく飲めるのです。

お湯とは違うの?

お湯と白湯は似ていますが、お湯は40度以上の水のことです。

白湯は沸騰させ続けて、不純物を除去した水なので、お湯とは少し違います。

お風呂の水は「お湯」ですね。

やかんで沸騰させたまま、しばらく忘れて放置してしまった水は「白湯」になります。

白湯は熱い状態のまま飲むとされていますが、40~60度くらいの飲みやすい温度に冷ましてから飲むのが一般的です。

クラゲは、少し冷まして保温ボトルに入れて飲んでます。

いつでも温かい白湯が飲めて便利!

白湯の作り方

STEP
ヤカンに水道水を入れる
STEP
火にかけて沸騰させる
STEP
沸騰したらフタを取って、10分ほど沸騰させ続ける

完成です。

はい、ただ沸騰させ続けるだけです。

お好みでレモンやショウガを入れても美味しいですね。

どのくらい飲むの?

白湯は1日に600~800mlを目安に飲むと良いといわれています。

しかし、クラゲは1L以上飲んでます。

理由は水分補給のためです。

人間の身体は1日に1.5~2Lの水分を必要とします。

白湯以外に飲んだ水分量から逆算して、残りの水分量を白湯で補って飲んでいます。

  • 昼ごはんのお茶300ml
  • 休憩時間にお茶200ml
  • 夜ごはんのお茶300ml

残り700~1,200mlを白湯で補う

白湯を多めに飲む日もありますが、特に問題に感じたことはありません。

いつ飲むの?

白湯を飲むタイミングは、朝起きてからと寝る30分以上前がベストです。

私たちの身体は就寝中に水分が失われています。

また、寝起きは体温が下がっているため、水分補給と体温を上げるという効果があります。

寝る30分以上前に白湯を飲むのも良いです。

白湯を飲むことで身体が温まり、リラックス効果を得られます。

ちなみにクラゲは朝と夜以外にも、飲みたくなったら飲んでます。

けっこう自由人。

白湯のメリット

白湯を飲むメリットは以下のとおりです。

  • 身体を温めて代謝アップ
  • デトックス効果
  • 水分補給

身体を温めて代謝アップ

白湯を飲むことで内臓が温まります。

内臓が温まると身体全体が温まり、体温が上がると血行が促進され、代謝もアップします。

代謝が上がることで、脂肪燃焼のダイエット効果があったり、免疫力が上がる高価も期待できます。

デトックス効果

白湯を飲むことで内臓の働きが活発になり、利尿作用や便通の改善が期待できます。

水分をしっかりと摂ることで、体内の老廃物を外に出し、デトックス効果が得られるのです。

水分補給

冬は意外と水分不足になりがちです。

夏と違って汗をかかないので、水分を摂らなくても大丈夫と思う人も多いです。

しかし、汗をかかなくても、呼吸や代謝で水分はどんどん身体から出ていきます。

白湯を飲むことで、1日に必要な水分量を確保しましょう。

白湯は胃腸にも優しいので、水分補給にはもってこいです。

まとめ

白湯についてお話ししました。

  • 白湯は水を10分ほど沸かし続ける
  • 朝と晩に飲むと効果的
  • 効果は代謝アップ、デトックス、水分補給

クラゲが白湯を飲みはじめたきっかけは、妻クラゲの母親(ママクラゲ)が飲んでいたからでした。

最初は「お湯なんて、味も無いし美味しくないでしょ」と思っていましたが、いまでは毎日飲んでいます。

意外と飽きずに飲めます。

本当は夏も白湯を飲んだほうが良いのでしょうが、夏に熱い白湯は飲みたくないので、どうしても冬だけになってしまいますね。

身体も温まって適度な水分補給もできるので、冬の間だけでも白湯を試してみてください。

今日はここまで!おつクラゲ~(:]ミ (:]彡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる