ミッキー型ワッフルメーカーが楽しい。ミッキー型料理を作ってみた

こんにちは。ディズニー映画だとモンスターズインクが一番好きなクラゲです。

突然ですが、妻クラゲはディズニーランドが大好きです。

年に2回はディズニーランドに行くことが、我が家の決まりになっています。

コロナ禍の影響でディズニーランドが休園したときは、本当に悲しそうでした。

2020年10月現在、営業再開しましたがパレードをやっていないらしく、秋のディズニーランドに行くか迷っている様子。

妻クラゲ

今回のディズニー費用を次回に回して、一泊してのんびりするのもいいかも・・・
いや、でも限定のグッズも欲しいし・・・

いろいろと考えているみたいです。

そんなディズニー大好きな妻クラゲが、ミッキー型ワッフルメーカーを購入していました。

妻クラゲ

これでいつでもディズニーランドのワッフルが食べられる♪

目次

いろんな料理をミッキー型にしてみた

せっかくなので、ミッキー型ワッフルメーカーを使っていろいろな料理をミッキー型にしてもらいました。

ミッキー型ワッフル

ど定番のワッフルです。

ワッフル

生クリームとチョコレートソースを添えて。

ワッフル

今回はホットケーキミックスで作ってみました。

ホットケーキミックスで作るワッフルはアメリカンワッフルと呼ぶそうです。

ワッフルで有名なのはベルギーワッフル!

ベルギーワッフルの場合は、ドライイーストを加えて発酵させる必要があるみたいですね。

ドライイーストを加えて発酵させるということは、パンに近いですね。

ミッキー型焼きおにぎり

ワッフルメーカーにご飯を詰め、しょうゆをかけて焼きおにぎりにしました。

焼きおにぎり

ご飯でもしっかりとミッキーの形になりますね。
どこから食べればいいか迷います笑

もっと焦げ目をつけてパリパリにしても美味しそうですね。

ミッキー型お好み焼き

ちょっと分かりにくいですが、ミッキー型のお好み焼きです。

お好み焼き

青のりとマヨネーズをかける前に写真を撮れば良かったですね。
ミッキーの顔が青のりだらけです笑

普段はお好み焼きをひっくり返すのが苦手な妻クラゲですが、ワッフルメーカーだと簡単に作れていました。

お好み焼きだとミッキーの形に焼き上がるのか心配でしたが、しっかりミッキーの形になっていますね。

デメリット

なんでもミッキー型にできるワッフルメーカーですが、デメリットはIHクッキングヒーターでは料理できない点です。

IHクッキングヒーターの場合は、カセットコンロで料理しましょう。

まとめ

ミッキー型ワッフルメーカーを使えば、ワッフルだけでなくいろんな料理がミッキー型にできます。

今回紹介した料理以外にも、卵焼きやホットサンドもミッキー型にして楽しめそうですね。

普段の何気ない料理でも、ミッキーの形になっていれば楽しく食べられます。
テーブルにミッキー型の料理があれば、それだけで食卓が楽しくなりますね。

ディズニー好きなら買っておいて損はない一品です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる