<head><body>タグ内へのコード記述が簡単にできるプラグイン【Insert Headers and Footers】

WordPressを使っていると「<head>や<body>タグ内にコードを記述」しなければいけない場合があります。

しかし、やタグ内をいじるのは怖い!!

そんなときに便利なのが、簡単に<head><body>タグ内にコード記述できる「Insert Headers and Footers」というプラグインです。

今回は、Insert Headers and Footersの使い方をご説明します。

この記事で分かること
  • Insert Headers and Footersでできること
  • Insert Headers and Footersの使い方
クラゲ

コード記述は怖いよね

妻クラゲ

間違って別のコードを消しちゃったら…

目次

<head><body>タグへのコード記述は怖い

<head><body>タグへのコード記述は、WordPressのテーマエディターで記述できます。

しかし、テーマエディターで記述する場合は、既存のコードがある場所を修正するため、間違えると大変なことになる可能性があります。

ブログがおかしくなる可能性

既存のコードを間違えて消してしまうと、ブログの表示がおかしくなったり、ページが真っ白になる可能性があります。

一度おかしくなってしまうと、元に戻すためにテーマを入れ直さなければなりません。

テーマを入れ直すと、今まで入力したコードも消えてしまうため、再度入力し直さなければいけなくなるのです。

親テーマに記述するとアプデで上書きされる

テーマエディターでコードを記述する際に、親テーマにコードを記述すると、テーマのアプデでコードが上書きされてしまいます。

テーマ更新によるコードの上書きを予防するために、子テーマにコード記述をする必要があります。

どこにコードを記述すればいいか分からない

テーマによっては、子テーマのどこに記述すればいいのか分からない場合があります。

SWELLの子テーマの場合は、どこが<head><body>タグなのか分かりません。

テーマエディター
どこにコード記述すればいいのか分からない

Cocoonの子テーマだと、<head><body>を選択できるんですけどね…

テーマエディター
Cocoonの子テーマは分かりやすい

Insert Headers and Footersにできること

Insert Headers and Footersにできることはとてもシンプルです。

  • <head>タグ内へのコード記述
  • <body>直下 or </body>直前へのコード記述

<head>タグ内へのコード記述

<head></head>内にコードを記述します。

例えば、アドセンスコードやプラグインで利用するコードを<head>タグ内に簡単に記述できます。

<body>直下 or </body>直前へのコード記述

<body>直下か</body>直前にコードを記述します。

コードは上から順番に読み込まれるので、先に読み込ませたいか後に読み込ませたいかで、コードを記述する場所を変えられます。

Insert Headers and Footersの使い方

「プラグイン」「新規追加」をクリックして、キーワードに「Insert Headers and Footers」と入力します。

「今すぐインストール」をクリックしてインストール後に「有効化」しましょう。

有効化したら設定完了です。

Insert Headers and Footers

<head>タグ内にコード記述したい場合は「Scripts in Header」にコード記述します。

Insert Headers and Footers

<body>タグ直下にコード記述したい場合は「Scripts in Body」にコード記述します。

</body>タグ直前にコード記述したい場合は「Sripts in Footer」にコード記述します。

Insert Headers and Footers

まとめ

Insert Headers and Footersの使い方についてお話ししました。

  • Insert Headers and Footersで簡単にコード記述できる
  • インストールして有効にするだけの簡単設定

テーマエディターでのコード記述は、初心者にはハードルが高い作業です。

コードを誤って消してしまうと、ブログが表示されなくなる可能性があります。

Insert Headers and Footersを使えば、テーマエディターを使わずにコードを追加できます。

テーマエディターをいじるのが怖いかたは、Insert Headers and Footersでコードを追加しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる