ブログには必須のサイトマップ!作成方法やGoogleサーチコンソールの登録方法を解説

こんにちは。SEO勉強中のクラゲです。

今回はサイトマップについて勉強しましょう。

検索上位表示を目指すには、SEOが欠かせません。

サイトマップは、SEOにおいて重要な役割を担っています。

まだサイトマップを作成していない場合は、簡単にできるのですぐに作成しましょう。

今回の記事では、サイトマップについての知識や、サイトマップの設定方法についてお話ししていきます。

この記事を読んで分かること
  • サイトマップについての知識
  • サイトマップの作成方法
  • Google Search ConsoleやBing Webmaster Toolsの設定方法
妻クラゲ

私はマップに頼らないで勘で動くよ

クラゲ

だからよく道に迷うんだな

目次

サイトマップとは?

サイトマップとは、名前のとおりサイトの地図を表しています。

「サイト内のどこに何があるのか」ということをまとめたページのことです。

サイトマップには、ページURL、更新日、更新頻度などのページに関する情報が記載されています。

サイトマップには、HTML形式サイトマップXML形式サイトマップの2種類があります。

簡単に説明すると、HTML形式サイトマップは訪問者向け、XML形式サイトマップはクローラー(検索ロボット)向けのサイトマップです。

HTML形式サイトマップ

HTML形式サイトマップは、ブログ訪問者に向けたカテゴリー別の全記事一覧表のことです。

おもに、ユーザビリティ向上のために作成します。

HTML形式サイトマップは、全記事がカテゴリーごとに分かれて記載されます。

1つのページで全記事を把握できるため、ブログ訪問者はHTML形式サイトマップを見れば、全ての記事を把握できるのです。

しかし、ブログ訪問者が実際にHTMLサイトマップを利用するか?と考えると疑問に思います。

個人的には、カテゴリーが表示されていれば、カテゴリーから記事に飛ぶ場合が多いです。

したがって、HTML形式サイトマップを利用する機会は少ないのではないでしょうか。

HTML形式サイトマップは、クローラー向けのサイトマップではないため、SEO効果は低いです。

XML形式サイトマップ

XML形式サイトマップは、クローラー向けの全記事一覧表です。

XML形式サイトマップはブログ訪問者が見ることはありません。

クローラーがそのブログの全ての記事を把握するためのサイトマップです。

XML形式サイトマップはクローラー向けのサイトマップなので、SEO効果が高いです。

SEO対策として、XML形式サイトマップを作成する手順をご紹介します。

XMLサイトマップの作成方法

XMLサイトマップはプラグインを使って簡単に作成できます。

プラグインを使うことで、記事を作成するたびに自動でサイトマップを更新してくれるので便利です。

ネットで調べると、XMLサイトマップの作成に「Google XML Sitemapsプラグイン」を利用する記事が多かったです。

しかし、クラゲブログの場合は、XMLサイトマップ作成機能がある「All in One SEOプラグイン」を利用しています。

All in One SEOプラグインを利用すれば、サイトマップ以外にもSEO対策に有効な機能が多いです。

そのため、All in One SEOプラグインでXMLサイトマップを作成することをおすすめします。

All in One SEOプラグインの設定

「プラグイン」から「All in One SEO」をインストールして有効にします。

「All in One SEO」「XMLサイトマップ」「サイトマップを更新」「XMLサイトマップ」の順番でクリックします。

All in One SEO

XMLサイトマップが表示されました。

上から2番目が記事のXMLサイトサイトマップです。クリックしてみましょう。

All in One SEO

このように、記事の一覧が表示されます。

All in One SEO

All in One SEOでXMLサイトマップが作成されました。

XML形式サイトマップをクローラーに認識させる

作成したXML形式サイトマップをより効果的に活用するためには、クローラーに認識してもら必要があります。

XML形式をGoogle Search ConsoleBing Webmaster Toolsに登録することで、クローラーがサイトマップを認識できるようになります。

Google Search ConsoleとBing Webmaster Toolsの設定方法を説明します。

Google Search Consoleの設定

Google Search ConsoleのURLにアクセスします。
URLはこちら

「プロバディタイプの選択」が表示されます。

「ドメイン」の方がサブドメインにも対応できるので推奨されていますが、何度やっても所有権の確認がエラーになったので「URLプレフィックス」を利用しました。

クラゲブログの場合は、サブドメインを利用していないので、URLプレフィックスでも問題ありませんでした。

ブログURLを入力して「続行」をクリックします。

Google Search Console

Google Analyticsに登録している場合は、簡単に所有権の確認ができて便利です。

今回はAll in One SEOを利用して所有権の確認をします。

「HTMLタグ」を選択して表示されたメタタグをコピーします。

Google Search Console

WordPressの「All in One SEO」「一般設定」をクリックします。

「ウェブマスター認証」の「Google Search Console」にコピーしたメタタグの一部を貼りつけて「設定を更新」をクリックします。

貼りつける箇所は、以下の○○○の部分です。

<meta name=”google-site-verification” content=”○○○” />

Google Search Console

Google Search Consoleに戻り「確認」をクリックします。

Google Search Console
Google Search Console

「サイトマップ」をクリックして、新しいマップの追加に「sitemap.xml」を入力して「送信」をクリックします。

Google Search Console

これでGoogle Search Consoleの設定は完了です。

Google Search Console

Bing Webmaster Toolsの設定

Bing Webmaster ToolsのURLにアクセスします。
URLはこちら

今回はGoogleアカウントを使って登録します。

「Google」をクリックします。

先ほど登録したGoogle Search Consoleを使って簡単にインポートしましょう。

「インポート」をクリックします。

Bing Webmaster Tools

「続行」をクリックします。

「許可」をクリックします。

Bing Webmaster Tools

「インポート」をクリックします。

Bing Webmaster Tools

「サイトマップ」をクリックしてXMLサイトマップが登録されていれば完了です。

Bing Webmaster Tools

まとめ

SEO対策のサイトマップについてお話ししました。

XMLサイトマップを作成することで、クローラーがブログ内を検索しやすくなります。

XMLサイトマップは、SEO対策のために必ず作成しておきましょう。

XMLサイトマップを作成したら、Google Search ConsoleとBing Webmaster Toolsへの設定も忘れずにおこなうことが大切です。

小さなSEO対策を重ねていき、上位表示を目指して頑張りましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる