【寝る前10分間】寝る前に自分を褒める習慣【自信・幸福感】

あなたは寝る前に何を考えますか?

なんとなく布団に入ってなんとなく寝ている。

もったいないです!!

寝る前10分間は、とても大切な時間です。

寝る前10分間の習慣が、あなたの人生の幸福度や満足度に影響します。

今回は、寝る前10分間の習慣についてお話しします。

この記事を読んで分かること
  • 寝る前10分間の影響
  • 寝る前10分間にやること
  • 寝る前10分間の習慣で変わること
妻クラゲ

寝る前はディズニーのこと考えてる

クラゲ

だから毎日楽しそうなのか

目次

寝る前10分間が自信や幸福感を作る

寝る前10分間は、ポジティブなことを考えるようにしましょう。

寝る前になにを考えているかということは、自身の人格形成に大きな影響を与えます。

心理学には「特別無条件同化暗示感受習性」と言われるものがあります。

特別無条件同化暗示感受習性

考えたことが潜在意識に定着しやすい状態

寝る10分前は、この特別無条件同化暗示感受習性という状態になっています。

つまり、寝る前に「今日も~を頑張った」「今日は~が楽しかった」と考えることで、自分の意識の奥底に定着するのです。

寝る前に考えたことの積み重ねが、自分の人格を形成していくということですね。

寝る前10分間が大切

寝る前にポジティブなことを考えるようにすれば、潜在意識にポジティブな考えが定着します。

反対に、寝る前にネガティブなことを考えていると、潜在意識にネガティブな考えが定着します。

自分に起こるできごとに対して、ポジティブにとらえるかネガティブにとらえるか

どちらの方が自信や幸福感を高めてくれるかは、言うまでもありません。

寝る前に自分を褒めてあげよう

「寝る前にポジティブなことを考えるのは分かったけど、具体的にどんなことを考えればいいの?」

答えは簡単です。自分を褒めてあげましょう

寝る前に自分を褒めることで、自己肯定感を高めることができます。

自己肯定感が高まると、自信や幸福感につながっていくのです。

他人から褒められると嬉しくて自信がつきますよね?

「褒められる」ということは「認められている」と感じることができ、自信や幸福感を得られる素晴らしいことです。

そして、自分で自分を褒めても、同じ効果を得られます。

自分を褒めるということは、最高にポジティブな行為なのです。

この素晴らしい行為を、潜在意識に定着しやすい寝る前におこなうことで、自信や幸福感を潜在意識に定着させましょう。

自分のなにを褒めればいいの?

なんでもいいので自分を褒めましょう。

どんな些細なことでもいいです。

自分を褒めてあげてください。

「なんでもと言われても思いつかない」というかたのために、例をあげておきます。

自分を褒めよう
  • 早起きしてえらい
  • ご飯を残さなくてえらい
  • 勉強や仕事を頑張ってえらい
  • 本を読んでえらい
  • 運動してえらい
  • 散歩してえらい
  • 誰かの手助けをしてえらい
  • 海中をゆらゆら漂ってえらい
  • ぷにぷにゼリー状でえらい

なんでもいいので、一日を振り返って頑張った自分や行動した自分を褒めましょう。

まとめ

寝る前10分間に自分を褒めることについてお話ししました。

寝る前10分間は、潜在意識にプラスの感情を植え付けるためのゴールデンタイムです。

寝る前10分間に自分を褒めることで、自信や幸福感を高めやすくなります。

クラゲも毎日自分を褒めていますが、以前よりも前向きに物事をとらえられるようになったと思います。

毎日楽しいなーと感じるのも、寝る前10分間の自分褒め効果かもしれません。

誰でも簡単に実践できることなので「とりあえずやってみよう」精神でお試しあれ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる