作業効率2倍!?覚えておくべきショートカットキー一覧【エクセル、ブラウザ、パソコン】

こんにちは。効率大好きクラゲです。

みなさん、ショートカットキーは活用していますか?

ショートカットキーを活用していないという、そこのあなた!!

ものすごくもったいないです。

ショートカットキーを少し活用すれば、作業効率は2倍以上アップします(クラゲ比)。

ショートカットキーは簡単に覚えられるうえに、すぐに使えるものばかりです。

今回は、覚えておくべきショートカットキー一覧について、エクセル・ブラウザ・パソコン別にご紹介します。

この記事を読んで分かること
  • ショートカットキーの使い方
  • よく使うショートカットキー一覧
妻クラゲ

ショートカットキーって難しそう

クラゲ

簡単だし便利な機能だから、この機会に覚えよう!

目次

ショートカットキーとは?

ショートカットキーとは、キーボードで特定の操作をおこなえる機能のことです。

複数のキーを組み合わせることで、さまざまな操作がキーボードのみでおこなえます。

作業効率アップのためには、ショートカットキーの活用が不可欠です。

ショートカットキーの効率的な覚え方

ショートカットキーには、たくさんの種類があります。

効率的にショートカットキーを覚えるには、使用頻度の高いショートカットキーを最初に覚えることが大切です。

ショートカットキーは便利ですが、使うことに慣れないと作業効率は上がりません。

まずは、ショートカットキーに慣れることが大切です。

そして、ショートカットキーに慣れたら、さらに細かいショートカットキーを覚えていくことで、効率的にショートカットキーを覚えられます。

また、覚えていないショートカットキーは付箋でモニターに貼りつけておきましょう。

ショートカットキーを思い出せないときに、いちいち調べていては時間がもったいないです。

すぐ目につく場所に、ショートカットキーのメモを置いておくことが効率的です。

ショートカットキーの使い方

これからショートカットキーを紹介しますが、ショートカットキーの使い方について理解しておく必要があります。

例.Ctrl+Aの場合

Ctrlを押しながら、Aを押します。

Ctrlを「押しながら」という点に注意してください。

例.Shift、Alt+Tab

ShiftとAltを同時に押しながら、Tabを押します。

ShiftとAltを「同時に押しながら」という点に注意してください。

使用頻度の高いショートカットキー一覧

使用頻度の高いショートカットキー一覧をご紹介します。

ショートカットキーは共通で使えるものが多いですが、ソフト個別でしか使えないものもあるので注意が必要です。

エクセル、ブラウザ、パソコンと場合分けして説明します。

エクセル編

ショートカットキー操作内容
Ctrl+C(Ctrl+Insertでも可)選択している部分をコピーします。
貼りつけは「Enter」or「Ctrl+V」
Ctrl+X(Shift+Deleteでも可)選択している部分を切り取ります。
貼りつけは「Enter」or「Ctrl+V」
Ctrl+Z一つ前の操作を元に戻します。
もう一度Ctrl+Zを押すと、さらに一つ前の操作を元に戻します。
Ctrl+Y直前の操作を繰り返します。
Ctrl+S上書き保存をします。
Ctrl+HomeA1セル(一番左上)に移動します。
Homeだけ押すと、行の先頭(一番左)に移動します。
Ctrl+Endデータが入力されている範囲の、最後尾(一番右下)に移動します。
Ctrl+↑(↓、←、→)空白セル上で使用した場合、方向キーの向きにあるデータが入力されているセルに移動します。
データが入力されているセル上で使用した場合、方向キーの向きにある空白セルに移動します。
Ctrl+PageUp(PageDown)一つ右のシートに移動します。
Ctrl+PageDownの場合は、一つ左のシートに移動します。

ブラウザ編

ショートカットキー操作内容
Alt+←前のページに戻ります。
Alt+→次のページに進みます。
Ctrl+Tab一つ右のタブに移動します。
Shift、Ctrl+Tabで一つ左のタブに移動します。
Ctrl+W開いているタブを閉じます
一つしかタブを開いていない場合は、ブラウザを閉じます。
Ctrl++(-)ページを拡大します。
Ctrl+-で縮小します。
Ctrl+Home(End)ページの一番上に移動します。
Ctrl+Endでページの一番下に移動します。

パソコン編

ショートカットキー操作内容
Alt+Tab(Windowsロゴキー+Tabでも可)次のウィンドウに移動します。
Shift、Alt+Tabで前のウィンドウに移動します。
Windowsロゴキー+↑画面を最大化します。
Windowsロゴキー+↓画面を縮小します。
画面が縮小されている場合に使用すると、画面を非表示にします。

まとめ

便利なショートカットキー一覧について説明しました。

ショートカットキーはまだまだたくさんあるのですが、一度に覚えようとしても使いこなせません。

まずは今回ご紹介した、よく使うショートカットキーから覚えましょう。

最初は慣れないので不便に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば作業効率が大幅にアップします。

さらに言えば、ショートカットキーの方が効率的な作業と、マウスを使う方が効率的な作業を理解することで、さらに作業効率はアップします。

ぜひ、ショートカットキーを使いこなして、パソコン作業の効率アップを図ってください。

また別の機会に、ショートカットキー一覧をまとめた記事を書きたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

クラゲ

会社の人でCtrl+Alt+↓を押しちゃって困ってる人がいたなー

妻クラゲ

画面が大変なことになるやつだね
間違って押しちゃった人は、Ctrl+Alt+↑で直してね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる