無料版エクセル?初心者向けGoogleスプレッドシートの使い方【入門編】

こんにちは。エクセル大好きクラゲです。

「エクセルに興味はあるけど、購入しようか迷っている」

このような人には、エクセルの代わりにGoogleスプレッドシートを利用するという方法があります。

Googleスプレッドシートを使えば、エクセルとほぼ同じ機能を無料で利用でき、利用方法も簡単です。

ビジネスシーンでは、エクセルと同様にGoogleスプレッドシートを利用する機会もあります。

この記事でGoogleスプレッドシートの使い方を理解しましょう。

この記事を読んで分かること
  • Googleスプレッドシートについて
  • Googleスプレッドシートの使い方
妻クラゲ

Googleスプレッドシートってなに?

クラゲ

無料版エクセルみたいなものだよ
エクセルとは違ったメリットもあるから説明するね

目次

Googleスプレッドシートとは?

Googleスプレッドシートは、Googleが提供している表計算ソフトです。

Googleアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できます。

エクセルとGoogleスプレッドシートを比べた場合のメリットは、以下のとおりです。

・無料で利用できる
・複数のユーザーが同時に同じシートを編集できる

無料で利用できる

Googleスプレッドシートは無料で利用できます。

エクセルを利用する場合は、Microsoft社からエクセルを購入しなければいけません。

エクセルの購入方法には、買い切り型とサブスクリプション型(月額払い)があります。

エクセル購入費用
・買い切り型:16,284円
・サブスクリプション型:1,284円/月

Googleスプレッドシートを利用すれば、上記エクセル購入費用が節約できます。

複数のユーザーが同時に同じシートを編集できる

Googleスプレッドシートは、同じシートを複数ユーザーで同時に編集できるというメリットがあります。

勤怠管理やスケジュール管理を複数人でおこなうときに、同じシートを複数ユーザーで編集できると便利です。

業務の進捗管理やデータ入力作業を分担する場合も、同じシートを利用できるので作業がはかどります。

スマホアプリでも利用できる

Googleスプレッドシートはスマホアプリでも利用できます。

外出先でも利用できるのは便利ですね。

App Storeはこちらからダウンロード

Google Playはこちらからダウンロード

Googleスプレッドシートの使い方

Googleスプレッドシートを使うためには、Googleアカウントの登録が必要です。

Googleアカウントを登録したら、アイコンマークの左側をクリックして「スプレッドシート」をクリックすればGoogleスプレッドシートを利用できます。

新規シートを作成

Googleスプレッドシートを使うために、新しいスプレッドシートを作成します。

「空白」「ToDo」「年間予算」「月間予算」などのフォーマットが複数用意されています。

「テンプレートギャラリー」をクリックするとフォーマット一覧が表示されるので、用途に合わせて使い分けましょう。

今回は何も入力されていない「空白」を利用します。

スプレッドシートを作成したら、スプレッドシートのタイトルと、シート名を編集します。

入力方法や関数はエクセルと同じ

Googleスプレッドシートは、エクセルと同じように入力や関数が使えます。

初心者が覚えておくべきエクセル関数については、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
初心者はこれだけ覚えればOK!実務で役立つエクセル関数 こんにちは、エクセル大好きクラゲです。 みなさんエクセルは使っていますか? エクセルは便利なソフトですが、使い方がよく分からないという方も多いと思います。 私は...

グラフの作成方法

Googleスプレッドシートでは、エクセルと同じようにグラフを作成できます。

グラフの作り方は「挿入」「グラフ」をクリックします。

これだけでグラフが完成しました。

グラフを編集する場合は「グラフ右上」「グラフを編集」をクリックします。

「設定」タブを選択して「グラフの種類」をクリックします。

表示されるグラフから、作成したいグラフを選択します。

今回は棒グラフのグラフにしました。

ピボットテーブルの作成方法

Googleスプレッドシートでは、ピボットテーブルも作成できます。

ピボットテーブルとは?

ごちゃごちゃになっているデータを任意の形式で「分類」して、分類されたデータを「集計」する機能のこと

実際に見た方が分かりやすいので、先ほど作成したデータを複雑にします。

このデータをピボットテーブルで分類、集計しましょう。

「データ」「ピボットテーブル」をクリックします。

「新しいシート」「作成」をクリックします。

ピボットテーブルのデータ範囲を指定して「行、列」にどの項目を分類するか選択します。

「値」にどの項目を集計するか選択します。

今回は

  • 行:店舗名
  • 列:品目名
  • 値:売上金額

という形式でピボットテーブルを作成しました。

各店舗と品目ごとの売り上げが分かりやすく集計されています。

まとめ

Googleスプレッドシートの利用方法についてお話ししました。

Googleスプレッドシートは、エクセルと同様の機能を無料で利用できるサービスです。

エクセルを購入するか迷っている方は、一度Googleスプレッドシートを試してみることをおすすめします。

エクセルには無い機能として、同じシートを複数ユーザーで同時に編集できるというものがあります。

Googleスプレッドシートならではの機能を活用して、作業をより効率的に進めていきましょう。

他ユーザーとの共有方法やアクセス権、編集権についても書きたかったのですが、長くなってしまったので別の機会に書こうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる