エクセルを効率的に使うためには?ショートカットキーを駆使しよう【効率アップ】

こんにちは。クラゲです。

先日、作業効率アップのためのショーカットキー一覧という記事を書きました。

あわせて読みたい
作業効率2倍!?覚えておくべきショートカットキー一覧【エクセル、ブラウザ、パソコン】
作業効率2倍!?覚えておくべきショートカットキー一覧【エクセル、ブラウザ、パソコン】こんにちは。効率大好きクラゲです。みなさん、ショートカットキーは活用していますか?ショートカットキーを活用していないという、そこのあなた!!ものすごくもった...

ショートカットキーについて書いているうちに、エクセル好きの血が騒ぎだしました。

エクセルのショートカットキーは、もっとたくさんあるんです。

エクセルは、ショートカットキーを使いこなせば、作業効率が何倍もアップします。

ぜひ、皆さんにもっとエクセルのショートカットキーについて深く知ってもらいたい・・・

ということで、今日はエクセルのショートカットキーについて、できるだけ多く紹介しようと思います。

この記事を読んで分かること
  • 作業効率アップのためのエクセルのショートカットキー
クラゲ

効率よく作業するのって大事だよね

妻クラゲ

家事も効率よく手伝ってくれたら嬉しいんだけどな

目次

使用頻度別、エクセルショートカットキー一覧

それでは、エクセルショートカットキーをご紹介します。

ただ紹介するだけだと、どのショートカットキーを覚えればいいか分かりにくいので、使用頻度ごとに高中低の3段階に分けて紹介していきます。

使用頻度【高】

ショートカットキー操作内容
Ctrl+C(Ctrl+Insertでも可)選択している部分をコピーします。
貼りつけはEnter or Ctrl+V
Ctrl+X(Shift+Deleteでも可)選択している部分を切り取ります。
貼りつけはEnter or Ctrl+V
Ctrl+Z一つ前の操作を元に戻します。もう一度Ctrl+Zを押すと、さらに一つ前の操作を元に戻します。
Ctrl+Y直前の操作を繰り返します。
Ctrl+S上書き保存をします。
Ctrl+HomeA1セル(一番左上)に移動します。
※Homeだけ押すと、行の先頭(一番左)に移動します。
Ctrl+Endデータが入力されている範囲の、最後尾(一番右下)に移動します。
Ctrl+↑(↓、←、→)空白セル上で使用した場合、方向キーの向きにあるデータが入力されているセルに移動します。
データが入力されているセル上で使用した場合、方向キーの向きにある空白セルに移動します。
Ctrl+PageUp(PageDown)一つ右のシートに移動します。
Ctrl+PageDownの場合は、一つ左のシートに移動する

使用頻度【中】

ショートカットーキー操作内容
Ctrl+N新規ブックを作成します。
Shift+F11新規シートを挿入します。
F12ブックに名前を付けて保存します。
Ctrl+F「検索と置換」の検索タブを表示します。
Ctrl+H「検索と置換」の置換タブを表示します。
Alt+PageUp(PageDown)1画面左にスクロールします。
PageDownの場合は、1画面右にスクロールします。
Ctrl+Aシート内の全てのデータを選択します。
Shift+Space行全体を選択します。
Ctrl+Space列全体を選択します。
Ctrl+D1つ上のセルをコピーして貼り付けます。
Ctrl+R1つ左のセルをコピーして貼り付けます。
Ctrl、Shift+Lフィルターを追加します。
フィルターが追加されている場合には、フィルターを解除します。
Alt+F4エクセルを終了します。
Ctrl+W選択しているブックを閉じます。

使用頻度【低】

ショートカットキー操作内容
Ctrl+;現在の日付を入力します。
Ctrl+:現在の時刻を入力します。
Ctrl、Shift++セルを挿入します。
クリップボードにコピーや切り取りのデータがある場合は、そのデータを挿入します。
クリップボードにデータがない場合は、空白セルを挿入します。
Ctrl+P印刷ページを開きます。
PrintScreen画面全体のスクリーンショットを撮ります。
Alt+PrintScreen選択しているウィンドウのスクリーンショットを撮ります。
Ctrl、Alt+V「形式を選択して貼り付け」を表示します。
Shift+F10右クリックメニューを表示します。
Ctrl+9選択したセルが属する行を非表示にします。
Ctrl+0選択したセルが属する列を非表示にします。
Ctrl+Bテキストを太字にします。
太字テキストの場合は、太字を解除します。
Ctrl+Iテキストを斜体にします。
斜体テキストの場合は、斜体を解除します。
Ctrl+Uテキストに下線を引きます。
下線が引かれている場合は、下線を解除します。
Shift、Alt+=SUM関数を挿入します。
Alt+↓選択しているセルのドロップダウンリストを開きます。

まとめ

エクセルのショートカットキー一覧について紹介しました。

ショートカットキーを使いこなすために、使用頻度高のショートカットキーを覚えてから、使用頻度中、低のショートカットキーを覚えるのが効率益です。

ショートカットキーをいつでも確認できるように、ショートカットキーのメモを目につく場所に置いておくと良いです。

クラゲが新入社員のときは、ショートカットキー一覧表を印刷して机の透明マットの下に置いていました。

手元を見れば、いつでもショートカットキー一覧が確認できて便利でしたね。

エクセル作業の効率を上げたいかたは、ぜひショートカットキーを駆使してください。

ショートカットキーを覚えれば、エクセル作業効率が驚くほど上がりますよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる