【エクセル初心者向け】IF関数を使いこなそう【簡単解説】

エクセルで関数を少し使えるようになったら、IF関数に挑戦してみましょう。

IF関数は複雑で難しそうなイメージがありますが、仕組みを理解してしまえば簡単です。

IF関数を使えば、さまざまな条件で計算できるので、作業効率化の幅が広がります。

今回は、IF関数についてお話しします。

エクセルを始めたばかりの人は、まずはこちらから

あわせて読みたい
初心者はこれだけ覚えればOK!実務で役立つエクセル関数
初心者はこれだけ覚えればOK!実務で役立つエクセル関数こんにちは、エクセル大好きクラゲです。みなさんエクセルは使っていますか?エクセルは便利なソフトですが、使い方がよく分からないという方も多いと思います。私はエ...
この記事で分かること
  • IF関数の基本的な使い方
  • IF関数を組むポイント
  • IF関数の応用編
妻クラゲ

IF関数って難しそう

クラゲ

ちょっと複雑だけど使えると便利だよ

目次

IF関数とは

IF関数とは「もしもAの条件と一致したらB、一致しなければC」というように、条件と一致するかしないかで表示を変えられる関数です。

A、B、Cの3つの条件を設定するので難しいですが、使いこなせれば複雑な条件での計算もできます。

数式

=IF(論理式(条件を指定),真の場合(条件と一致していた場合),偽の場合(条件と不一致の場合))

=IF(A,B,C)

もしAの条件と一致したらB、一致しなかったらCとする。

使用例

=IF(売上が1,000以上なら,「1,000以上」と表示,1,000以上じゃない場合は「1,000以下」と表示)

条件を指定することで、条件と一致した場合と不一致の場合でそれぞれの表示ができます。

IF関数の中にIF関数を組み込む

IF関数は、真の場合と偽の場合の部分にさらにIF関数を組み込むことができます。

さらに複雑な式になりますが、より細かい条件で計算ができます。

数式

IF(論理式A,真の場合(Aと一致した場合)Bを表示,偽の場合IF(論理式C,真の場合(Aと不一致かつCと一致)Dを表示,偽の場合(Aと不一致かつCと不一致)E)を表示)

IF(A,B,IF(C,D,E))

もしもAの条件と一致したらBを表示、一致しなければCという条件を出す。Aの条件と一致せず、Cの条件と一致したらDを表示、一致しなければEを表示

IF関数を1つ組み込むだけで、かなり複雑な関数になります。

さらに、DとEの部分にIF関数を繋げることも可能です。

IF関数を繋げすぎると、正しく計算ができているかチェックするのが難しくなります。

IF関数を繋げる場合は、適度な数を繋げるようにしましょう。

IF関数を組むときのポイント

ここまで読んでみて「IF関数って難しい」と思われたかたもいると思います。

IF関数を組むときに、少しでも簡単に組めるようにポイントをお話しします。

IF関数を組むときのポイントは2つです

  1. 全体像をイメージする
  2. YES・NOチャートで考える

まずは全体像をイメージする

IF関数を組むときは、全体像をイメージしてから組み始めましょう。

  • 何を求めているのか?
  • どのような結果を計算したいのか?
  • 条件を絞るために適した関数はどれか

全体像をイメージすることで、どのような数式を組むべきかが見えてきます。

YES・NOチャートで考える

IF関数を繋げる場合は、Yes・Noチャートをイメージすると分かりやすいです。

まずは、手書きでYES・NOチャートを書いてから数式を組み始めると、ごちゃごちゃせずに組めます。

まとめ

IF関数についてお話ししました。

  • IF関数は複雑な条件で計算できる
  • IF関数は全体像をイメージする
  • IF関数はYES・NOチャートで考える

IF関数は難しいですが、複雑な条件で計算ができるので、さまざまな計算に応用が可能です。

IF関数を使ってデータを分類したり、特定の条件を探し出したりできます。

まずは、簡単な条件から始めていき、だんだんと難しい関数を組み合わせていくことで、関数に対する理解も深まります。

いま使っている関数もIF関数に置き換えることで、より効率的にできる箇所があるかもしれません。

IF関数を上手に使っていきましょう。

今日はここまで!おつクラゲ~(:]ミ (:]彡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる